[PR]

 新型コロナウイルス感染拡大に伴う政府の緊急事態宣言が全国に拡大されたことを受け、関西の大手鉄道会社が切符の払い戻しの特例措置を設けている。宣言の期間中に有効な切符について、乗車予定日を過ぎても全額の払い戻しに応じる。

 JR西日本は、宣言期間中に有効な普通乗車券や特急券、グリーン券などを対象にしている。通常は乗車予定日や有効期間を過ぎれば払い戻しには応じないが、外出自粛が呼びかけられて乗客が窓口に来にくい状況に配慮し、宣言終了から1年以内であれば手数料不要で対応する。

 近畿日本鉄道や阪神電鉄、京阪電鉄、大阪メトロも類似の制度を設けており、南海電鉄は新型コロナウイルスが理由の払い戻しには個別に相談に応じるという。

 各社ともに、すでに一部を使用してしまった回数券などは、手数料がかかったり全額が払い戻されなかったりする場合もあるという。(狩野浩平)