[PR]

 たまった写真の整理や大掃除、着物のリメイクにお菓子作り。新型コロナウイルスの影響で外へ出ることがままならないなか、今までできなかったことに手をつけたり、新たな趣味を始めたりした人も多い。思わぬ事態でできた時間が、家族の絆を確かめる機会になった人もいるようだ。

20年分の写真整理

 東京都練馬区のスイミングコーチ古水戸(こみと)奈々絵さん(51)は、3月にスイミングのクラスが休みになり、緊急事態宣言で施設自体が休業してしまった。突然できた、まとまった時間。思い立ったのが、約20年の間、子育てに追われ「見て見ぬふりをしてきた」家族写真の整理だ。

 まずは、大学2年生になった息子、高校2年生の娘の年齢・学年と、西暦・年号の一覧表を作成。照らし合わせながら数百枚を古い順に並べた。

拡大する写真・図版子どもたちの写真をポケットアルバムに入れる古水戸奈々絵さん(東京都練馬区、本人提供)

 撮影時期や場所が分かるものも…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら