[PR]

 新型コロナウイルスの感染の有無を調べるドライブスルー方式のPCR検査が23日、大阪市内でも始まった。車に乗ったまま検体を採る。検査時間を縮めて件数を増やし、感染拡大の防止を目指す。

 この日あったデモンストレーションでは、防護服にゴーグル姿の医師が、運転席に座ったままの患者役の府職員に「マスクをずらして鼻を出してください」と指示。滅菌綿棒を鼻の奥に入れて粘膜をこすったあと、試薬の入ったケースに入れ、15秒ほどで検体を採取した。医師は手袋を二重にはめ、検査ごとに上の1枚を交換するという。

 検査が受けられるのは、保健所が必要と判断した人で、検査場所は公表していない。徒歩で来てもらうウォークイン方式も設け、平日は午後2~4時、土日祝日は午後2~6時に1ブースで1時間に4人ずつ検査する。今後も検体を採取する場所や検査機関を拡充し、1日約420件だった検査数を約890件まで増やすという。(多鹿ちなみ)