[PR]

 大阪市天王寺区の天王寺動物園の人気者、ホッキョクグマのカップルが、繁殖期を初めて一緒に過ごした。新型コロナウイルスの影響で園は休園中だが、来春にはかわいい子グマが見られるかもしれない。

 15歳のオス、ゴーゴと、6歳のメス、イッちゃん。「551の豚まん」で知られる蓬莱(ほうらい)(大阪市浪速区)が寄贈した。ゴーゴは2006年、イッちゃんは15年にともにロシアの動物園からやってきた。名前はもちろん「551」にちなむ。

 ホッキョクグマは5歳前後から繁殖に適した状態になる。イッちゃんが成熟した今年、園は初めて2頭の繁殖に挑むことになった。

 普段は別居中の2頭だが、ホルモン値の上昇や、お互いに興味を持つのを待って2月下旬から運動場で同居を始めた。担当飼育員の油家(あぶらや)謙二さん(47)は「万が一があっては」とホースを手に見守った。体重200キロを超すクマのけんかはしばしば流血沙汰になる。ゴーゴとイッちゃんがもみ合いになれば高圧の水をかけて引き離すためだ。

 いざ顔を合わせると、年の差ゆえかゴーゴは「紳士的」。元気いっぱいのイッちゃんがじゃれついても優しく受け止めた。ほおを寄せ合ったり、プールで一緒に遊んだり。油家さんらは胸をなで下ろした。

 臨時休園になった3月も2頭はひっそりと愛を育み、交尾も複数回確認された。繁殖期を終えると単独行動を好むため、今月6日、円満に別居した。

 園はイッちゃんの様子やホルモ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら