[PR]

 滋賀県は23日、彦根市在住の20~50代の男女計4人の家族が、新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。入院しているが軽症という。県内の感染者は計92人となった。

 県によると、4人は21日に感染が確認された信販会社「滋賀ディーシーカード」(大津市)に勤める50代の会社員男性の家族で、妻と彦根市の私立高校教員の長男、彦根市立病院の看護師の長女、京都銀行彦根支店行員の次男。

 看護師は、新型コロナ感染者を治療する病棟で勤務していない。県は院内感染ではないとみている。