[PR]

 俳優の岡江久美子さんが23日、新型コロナウイルスによる肺炎のため63歳で亡くなった。所属事務所によると、昨年末に初期の乳がんのため手術を受け、今年1月末から2月半ばまで放射線治療を受けていたという。

 2月に米医師会雑誌に掲載された、中国で新型コロナに感染した4万4672人のデータによると、がんや糖尿病、高血圧などの持病があると重症化しやすいことが報告されている。全体の致死率は2・3%だが、がんの患者では5・6%だった。

 中国・武漢の病院でがん治療をしていた患者のデータ分析では、一般の人より新型コロナの罹患(りかん)率は2倍だが、0・79%と決して高くはない。

 日本医大武蔵小杉病院の勝俣範之教授(腫瘍(しゅよう)内科)は「がん治療中の患者は、やや重症化しやすい傾向にあるが、ほかの基礎疾患に比べてとりわけ高いわけではないし、かかったら必ず重症化するというものでもない。過度に恐れる必要はない」と指摘する。

 勝俣さんは予防のため「手洗いと、不要不急の外出を控えることをより徹底してほしい」と強調する。患者数が増えている地域では、病院に行くことが感染リスクになる場合もある。欧米のがん学会からは、不急の診療を減らすよう求めるガイドラインも出ているという。

 勝俣さんは「地域と病院の状況にもよるが、国内でも病状が安定していたり、経過観察のための定期的な通院になっていたりする場合は、主治医と患者で相談し、受診の延期などの対策をとり始めているところもある」と説明する。(月舘彩子)