[PR]

 大阪市教育委員会は23日、同市淀川区の市立新北野中の男性教職員1人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。中学は休校中だったが、発熱などの症状が出る2日前に教科書配布のため生徒数人と接触していた。いまのところ、生徒や同僚で体調不良を訴えている人はいないという。市保健所が濃厚接触者の特定などを進めている。

 市教委によると、男性は14日に出勤し、生徒数人に教科書を手渡した。マスクは着用していた。15日は在宅勤務、16日は出勤後に体調不良で帰宅した。その後は自宅療養を続け、23日に検査で感染が確認されたという。同校は23、24日に生徒への自宅学習用の教材配布を予定していたが延期した。