「気候も危機」世界の若者、SNSで一斉に発信へ

有料記事

杉浦奈実
[PR]

 「気候も危機」だ――。世界の若者たちがSNSで地球温暖化防止に向けたメッセージを発信する「デジタル気候マーチ」が24日、世界一斉に行われる。新型コロナウイルス感染症の広がりで街頭に出ての行動が難しいなか、これまでの活動に参加してこなかった人にも参加を呼びかけている。

 温暖化対策の強化を訴える若者組織「フライデーズ・フォー・フューチャー(FFF)」が世界各国のリーダーに、気候変動への対策を求める活動の一環。これまでは街頭でのデモが中心だったが、新型コロナウイルス感染症の世界的な拡大を受け、インターネット上での開催に切り替えた。

 参加者は地球温暖化への思いや、メッセージを記した写真を世界共通の「#ClimateStrikeOnline」の文言を添えて、ツイッターインスタグラムに投稿する。

 日本での活動の中心メンバーで、「FFF仙台」の益子実香さん(東北大3年)によると、日本での投稿は24日午後5時から。「#気候も危機」の文言も添える。また、全国各地で活動する若者たちが、地球温暖化を防ぐための活動をビデオ会議システムを使って中継する催しもある。

 益子さんは、新型コロナウイ…

この記事は有料記事です。残り344文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!