[PR]

 福岡県医師会は23日、定例の記者会見を開いた。新型コロナウイルスの感染拡大を受けた緊急事態宣言から2週間を経た状況について、感染症担当の稲光毅理事は「一時より落ち着いているが、収束している状況ではない」として、ゴールデンウィークも見据えた外出自粛などの対策を継続するよう呼びかけた。

 医師会によると、1週間あたりの感染者数が200人を超えていた4月中旬に対し、21日までは136人。稲光理事は「皆さんが生活パターンを変えてくださった結果」と評価した。

 それでも週の感染者数が、専門的な治療ができる県内の感染症病床66床の2倍を超す状態が続いているという。

 医療現場で感染拡大を防ぐ資材…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら