写真・図版

[PR]

 調剤薬局に勤務しています。新型コロナウイルスの感染者数が日に日に増しており、医療従事者として危機感を抱きながら患者と接する毎日です。毎日電車通勤しながら、自分自身がウイルスを媒介していないかと不安になります。そんななか、感染対策に対する従業員や会社の意識の低さと切迫感のなさに、いらだちを感じています。

調剤薬局勤務の30代女性

 緊急事態宣言までマスクをつけない同僚、4月上旬にギリギリまで開催予定だった職場の宴会……。本社には時差出勤や、短時間での交代勤務も提案しましたが実現していません。感染を避けるため、薬局に来店する患者数は以前より減っているので、従業員の少人数化や営業時間の短縮も可能なのに。「かからない うつさない」の声は社会全体はおろか、より注意が必要なはずの私の職場にさえ届いているとは思えません。(九州地方、30代女性)

     ◇

 あなたの働き手としての悩みや葛藤を「職場のホ・ン・ネ」にお寄せください。すでに掲載された「ホンネ」への感想や意見も歓迎です。連絡先を明記のうえ、朝日新聞経済部労働チーム(t-rodo@asahi.comメールする)までメールでお送りください。