[PR]

 トヨタ自動車は、高級セダン「レクサスGS」の生産を今年8月で終了すると発表した。1993年に北米市場に投入。国内では「アリスト」の名前で展開していたが、2005年から国内でも「レクサスGS」として販売してきた。

 12年には全面改良し、現在のレクサスのトレードマークである糸巻き形をした車両前面のデザイン「スピンドルグリル」を初めて採用。19年末までの累計世界販売は約69万台。スポーツ用多目的車(SUV)の人気の高まりなどもあって、近年は販売が伸び悩んでいた。

 生産終了にあたり特別仕様車を6月に発売する。黒を基調としスポーティーさを際立たせたという。価格は710万~900万円。