[PR]

 感染拡大が続く新型コロナウイルス。状況を理解できていない子どもたちに対策を指示するだけでは混乱させてしまうのではないか――。そんな思いから子ども向けに作られた動画がYouTube上で公開されました。ある家族が医師の監修を受けながら手作りした動画です。

 今月16日にYouTubeに投稿された2本の動画。前編「しんがたコロナってなんだろな~子供のための新型コロナ予防」と、後編「きみだからできること~子供のための新型コロナ予防」です。

 いずれも国立成育医療研究センターこころの診療部の医師・田中恭子さんの監修を受けて制作されたもので、子どもにも伝わりやすい言葉とイラストが使われています。

 前編では新型コロナウイルスとは何か、なぜ感染が拡大しているのかを説明。後編では感染を防ぐための三つの方策が紹介されています。

 作ったのは、東京都内の番組制作会社で働く後藤遷也さん(32)とその家族。文と音楽は遷也さん、絵は母親の裕子さん(68)、着彩は義姉の晶代さん(34)が担当しました。

 「3月上旬に別件で田中先生とやりとりする中で、『新型コロナウイルスについて子どもたちに動画で情報発信しよう』と提案されて制作しました」と遷也さん。まず取り組んだのは、勤め先の制作会社に企画書を出して仕事として提案することでした。

 どんなウイルスで、なぜ学校が休みになっているのかといった点を分かりやすく説明する内容で、画家である裕子さんに描いてもらったイラストを添えてプレゼンテーションをしました。

 資料を見た上司からの反応は「…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら