[PR]

ごはんラボ 春キャベツの煮浸し

拡大する写真・図版春キャベツの煮浸し=合田昌弘撮影

 外出自粛が続くこの状況、運動不足で健康面が心配という人もいるかもしれませんね。そんなときこそバランスのとれた食事を。春野菜をもりもり食べて、体の調子を整えましょう。

 今回は、みずみずしく柔らかな春キャベツを楽しむレシピ。生で食べてもおいしいですが、火を通せば量を食べられます。料理研究家の渡辺あきこさんのおすすめは煮浸し。材料も作り方もシンプルで、優しい味わい。食卓の「あと一品」の心強い味方になります。

 キャベツから水分が出てくることや、調理時間が短く水分の蒸発が少ないことを考慮し、煮汁の量は少なめに。鍋にキャベツを入れると煮汁が見えなくなってしまうほどですが、焦げつきを心配することはありません。煮汁が多すぎると、味がぼやけてしまい、失敗の原因になります。

 3分経ったらすぐに器に盛りましょう。冷めてもおいしい春の味です。(小林未来)

材料(2人前)

□ 春キャベツ 200g

□ 油揚げ 1枚

□ だし汁 150ml

□ しょうゆ 大さじ1

□ みりん 小さじ2

監修:渡辺あきこ

作り方

①キャベツは幅2~3cmの短冊…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら