[PR]

 タレントやモデルになりたい――。そんな憧れにつけ込み、「オーディション」に合格させた後、高額なレッスン料を請求するトラブルが後を絶ちません。経験した女性が語るその手法とは。

「2千人から選ばれました」

 「デビューの夢かなう 新人発掘ミュージックオーディション」。医療関係の仕事をしている東京都内の女性(27)は昨年12月、こんな広告をSNSで見た。子どものころに市民劇団でミュージカルの経験があり、俳優として舞台に立つことは、ずっと捨てきれずにいた夢だった。

 迷いもあったが、「ここで一歩踏み出そう」と決心して応募。すると、翌日にその事務所から「才能のありそうな方にお電話しています。いつならオーディションに来られますか」と電話があり、翌月、受けに行くことになった。

 オーディションは15分程度だった。3人の男性の前で、歌ったり、歩いたり、セリフのようなものを言ったり。終わると「ウォーキングは正直汚い。特訓が必要です。セリフは気持ちが見えましたが、ちょっと癖がある」などと講評を受けた。「他に参加者は見当たらなかったけど、こんなものなのかなと思ってしまった」という。

 結果が出るまでの数十分間、別室で収入額や口座番号、預貯金額などを聞かれた。担当者は「合格したらあなたのプロデューサーになります。絶対に必要な情報です」と説明。女性は、合否に影響するかもしれないと考え、答えてしまったという。

 結果は「合格」だった。「今回…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら