[PR]

 奈良・東大寺は今月1日から、新型コロナウイルスの終息を願い、正午に祈りを捧げている。この「正午の祈り」に賛同する宗教者が24日、東大寺に集まり、大仏に祈った。各地の寺や神社、キリスト教の教会、家にいる人たちにも「一緒に祈ろう」と呼びかけた。

 正午の祈りは、一カ所に集まって合同で祈ると3密になるため、宗教や宗派の枠を超え、それぞれの場所で同じ時刻に祈ろうという取り組みだ。東大寺がホームページで呼びかける。

 東大寺はこの日から拝観方法を変え、大仏をまつるお堂に入れなくなった。代わりに中門の先に設けた柵から拝めるようにした。

 この参道に宗教者7人が約2メ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら