[PR]

 5月に大阪府高槻市で開かれる予定だった国内最大級のジャズの祭典・第22回高槻ジャズストリート(ジャズスト)が、新型コロナウイルスの影響で初めて中止になった。市民主導の催しだけに、来年以降の存続が危ぶまれる。実行委員会は支援を呼びかけている。

 ジャズストは1999年、「高槻を音楽があふれる楽しいまちに」と願う市民の有志が始めた。

 会場や出演者は年々増え、昨年は約70会場に850を超すバンドが出演した。トランペット奏者の日野皓正(てるまさ)さんや、俳優でサックス奏者の武田真治さんらも登場し、聴衆は開催2日間で10万人を超えた。

 「すべてがボランティアによる…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら