[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大を防ごうと、大阪(伊丹)空港の保安検査場入り口に24日、搭乗客の体温を測るサーモグラフィーが設置された。5月6日まで測定を続ける。

 国土交通省から依頼を受けた運営会社の関西エアポートが設置した。体温が37・5度以上の客には注意を喚起するチラシを渡し、感染症が疑われる人は航空会社が運送約款に基づき搭乗を断ることもあるという。

 国交省によると、国内線に搭乗する前にサーモグラフィーで体温を確認するのは羽田空港に続いて2例目。今後も乗客の多い空港に置く方針。(柳谷政人)

関連ニュース