[PR]

 新型コロナウイルスの患者の受け入れに専念したり、院内感染が起きたりして、救命救急センターが新型コロナ以外の重症者を診る、本来の機能を制限し始めている。朝日新聞が22日時点の全国の状況を調べると、少なくとも東京都や大阪府などの7カ所で制限していた。救命救急センターが担ってきた一刻を争う救急医療の縮小につながり、本来なら助けられる生命に影響する恐れがある。

 3次救急を担う救命救急センターは、全国に約300カ所あり、心筋梗塞(こうそく)や脳卒中、交通事故での大きなけがなどに24時間対応している。2018年の統計では、全国で救急搬送された患者の約17%は救命救急センターに運ばれている。

 朝日新聞の取材によると、22日時点で重症患者の受け入れを制限や停止している救命救急センターは東京都2カ所、大阪府2カ所、兵庫県2カ所、滋賀県1カ所の計7カ所あった。この他、重症者を診る3次救急の機能は保ちつつ、軽症者の救急の受け入れを止めている病院も複数あった。

 理由の一つは院内感染だ。東京都墨田区の都立墨東病院は21日、医師7人らが新型コロナに感染していたことから、救命救急センターでの患者の受け入れ停止を発表した。滋賀県近江八幡市の市立総合医療センターでは14日、入院中の0歳児の感染が確認され、小児科の救急を停止している。

 一方、新型コロナの患者に対応するために制限に踏み切る病院もある。新型コロナの感染者は感染症指定医療機関が受け入れてきた。軽症者は宿泊施設や自宅での療養に切り替わってきたものの、感染拡大で受け入れ能力を超えた地域もある。心筋梗塞や脳卒中など一刻を争う患者でも、発熱や呼吸器症状があると受け入れを断る救急病院が増え、搬送先が決まらない事態も生じている。

 こうした患者を受け入れている東京都文京区の東京医科歯科大付属病院は、感染の疑いがない患者の受け入れを停止。中等症以上の新型コロナの患者の受け入れに注力している。受け入れを約60件断られた感染の疑いがある患者や、院内感染が起きている病院を退院し、脳卒中の疑いがあったが約20件断られた患者らを受け入れたという。同病院救命救急センター長の大友康裕教授(救急医学)は「全ての病院が新型コロナウイルス患者を受け入れると、全ての病院で通常の診療が難しくなる。通常なら助けられる患者が助けられないことが起こりうる」と、役割分担の重要性を話す。

 ただ、制限や停止で救命救急センターは本来の役割が果たせなくなる。日本救急医学会代表理事の嶋津岳士・大阪大教授は、「中止や制限をした救命救急センターが本来受け入れていた患者は他の医療機関がカバーすることになる。現時点ではなんとか対応しているが、これ以上患者が増えれば対応は困難だ」と語る。大阪市内の2次救急医療機関の救急医によると、これまで3次救急が受け入れてきた心肺停止患者などの搬送が増えてきたという。