[PR]

 内閣官房は24日、新型コロナウイルス感染症対策推進室の40代の男性職員が、新型コロナウイルスに感染したと発表した。男性は21日朝に発熱し、24日にPCR検査で陽性と確認された。21日以降は出勤せず、自宅で療養している。

 同推進室によると、他の職員への感染の可能性について「基本的にマスクを着用しており、可能性は低い」という。感染ルートは今後、保健所が調査する。男性は19日に西村康稔経済再生相の東大病院の視察に同行していたという。同推進室は「(西村氏との)距離は取られていた」とし、濃厚接触はなかったとしている。