[PR]

兵庫県立大の竹内和雄・准教授と考える

 新型コロナウイルス問題で休校と外出自粛が続く中、子どもたちがスマートフォンやSNSを使う時間も増えています。世界とつながれる便利なツールでもあり、使い方を誤ると重大なトラブルを招く道具でもあるスマホ。より安全に使うためのヒントを、兵庫県立大の竹内和雄准教授とともに探りました。

 トラブルの一つに、ネットを使った攻撃のターゲットになる「ネットいじめ」があります。そのきっかけはえてして、これもネット上のささいな出来事です。

 例えば、人からもらったぬいぐるみの写真をLINEに載せて「これ、かわいくない」と書く。「かわいいでしょ」といいたいのに「?」をつけ忘れたばかりに逆の意味になって、LINE仲間から外される。

 短文でのやりとりは往々にして誤解を招き、互いに攻撃的になってしまうこともあります。高校生だとそのあたりがわかっていて「LINE上のトラブルをLINEで解決したらダメ。会わないとニュアンスが伝わらない」と言います。小学生ではそうはいきません。反抗期になる前に親子でLINEを試し、どんなときに誤解が生じるか、文字の難しさを体験しておくのも一つの手です。

 ネットいじめは刻々変化しています。直接的に攻撃する書き込みをするのは過去の話。SNSでは基本的に誰が書いたか分かるので、あからさまな悪口は珍しい。代わりに「ステメ」といわれる方法があります。LINEのプロフィル欄に載せる「ステータスメッセージ」に、「何様のつもり?」などと書く。誰のことを指しているのか、わかる人にはわかる。被害者は真綿で首を絞められるような思いをするのです。

 子どもが勇気を出して相談した…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら