[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための休業要請に応じなかったとして、大阪府が店名を公表したパチンコ店の中には、一夜明けた25日も大勢の客でにぎわう店もあった。

 24日に公表された6店舗のひとつ、堺市堺区のパチンコ店「P.E.KING OF KINGS大和川店」の運営会社は同日、従業員の雇用の確保などを理由に営業を続けると文書で公表。25日、駐車場には名古屋や和歌山など府外ナンバーの車も多く止まっていた。

 店をよく利用するという近くに住む男性(34)は「3日前に比べて客の数は倍。公表されて営業しているのを知り、来店した客も多いと思う」。市内に住む男性(36)は「家にずっといるのはしんどい。自粛は強制ではなく、客も自己責任で来店しており、問題ないのでは」と話した。

 一方、府は25日、6店舗のうち、「丸昌会館」(大阪市平野区)と「だるま屋」(同)が休業したと発表した。(山中由睦)