[PR]

 富山県は25日、男女6人の新型コロナウイルスへの感染が新たに判明し、入院中だった富山市の80代男性が死亡したと発表した。県内の感染者は計169人、死者は計4人になった。

 富山市によると、亡くなった男性は、クラスター(感染者集団)が発生している市内の老人保健施設「富山リハビリテーションホーム」の入所者で、容体が悪化したため県内の病院に入院していたという。

 新たな感染者6人のうち1人は富山市立神明小学校の10代女子児童。21日に感染が判明した同小の女児と姉妹だという。同小では集団感染が発生したとみられ、これまでに同じクラスの児童4人と担任の20代の女性教諭の感染が明らかになっている。