[PR]

 中国共産党が23日までに北京市の人民解放軍総医院(301病院)から医療専門家チーム約50人を北朝鮮に派遣したことが分かった。25日、党関係者が明らかにした。健康悪化説が出ている金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長との関連は不明だが、両国が新型コロナウイルス対応で協力態勢をとった可能性もある。

 301病院は中国最高レベルの医療機関とされ、中国共産党の歴代指導者の治療や健康管理を担ってきたことで知られる。

 共産党関係者によると、医療チームは党の外交部門で中朝外交の軸を担う党対外連絡部トップの宋濤・部長が率いる形で北朝鮮に入った。メンバーも、党が同病院の医師や研究者らから選抜したという。

 正恩氏は11日から動静が途絶えており、健康悪化説が一部海外メディアで出るなどした。

 50人規模の医療チームの派遣…

この記事は有料会員記事です。残り402文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り402文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り402文字有料会員になると続きをお読みいただけます。