[PR]

 鳥羽水族館(三重県鳥羽市)で2月22日に生まれたバイカルアザラシの愛称が27日に決まる。新型コロナウイルス感染症の影響で臨時休館しているため、水族館として初めてインターネットを使って愛称決定の瞬間をライブ配信する。

 水族館は4~18日に愛称を募集した。ふだんははがきや館内にある応募用紙を使うが、10日から休館したこともあり、初めてネットでも募った。すると、これまでは多くて2千点前後だった応募はネットだけで7006点に上り、過去最多の7090点に達した。

 赤ちゃんは、推定30歳のメス「うなりこ」と推定17歳のオス「クチャ」との間に生まれた。現在、体長70センチ、体重12キロに成長。一般公開の時期は未定だ。

 ユーチューブの「鳥羽水族館 公式チャンネル」で27日午後5時半から、ライブ配信される。寄せられたコメントも字幕で紹介する予定だ。企画広報室の担当者は「初めてづくしの取り組みだったが、ここまで応募が多いとは予想していなかった。赤ちゃんは一般公開されていないので、多くの人に自宅で配信を楽しんでもらいたい」と話す。(安田琢典)