[PR]

 新型コロナウイルスへの対応でマスク不足の医療現場で使ってもらおうと、自動車販売修理の「アウトクラスカーズ」(徳島市方上町)が23日、徳島県立中央病院と徳島市民病院にマスク各5千枚を寄贈した。

 寄贈したのは部品を仕入れている中国の友人から仕入れたマスクだといい、市民病院を訪れた赤地祐昭社長は「医療現場の方は大変だと思う。頑張っていただきたい」とあいさつ。三宅秀則病院長は「診療に欠かせないマスクや感染防護衣は不足している。院内で有効に活用し、地域の中核病院としての役割を十分果たしていきたい」と述べ、感謝状を贈った。(伊藤稔)