[PR]

 アフリカで百数十万年前に暮らしていた原人ホモ・エレクトスの男女の頭骨化石を、スペインと米国の研究チームがエチオピアで発見した。男性よりも女性の頭の方が小さく、きゃしゃだった。研究チームは、エレクトスは男女の体格差が大きかったとみている。

拡大する写真・図版今回見つかった150万~160万年前のホモ・エレクトスの頭骨化石=研究チーム提供

 見つかった化石は、約126万年前の男性の頭骨と150万~160万年前の女性の頭骨。どちらも部分的で顔の部分は失われていたが、女性の方は頭頂部がほぼ残っていた。

 エレクトスの一部はアフリカを出てアジアへと広がり、ジョージアで見つかったドゥマニシ原人や、インドネシアにいたジャワ原人になったとされる。

 化石を観察した東京大総合研究…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【1/25まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら