[PR]

 盛岡市が今月、新型コロナウイルス感染拡大で減収となった事業者に対し、市税の徴収猶予の申請書類を送った際、申請者の記入例を「滞納 太郎」と記していたことが分かった。

 市はコロナ禍の影響で売り上げが減少した事業者に、納税猶予措置を受ける場合の申請書類を送付している。市納税課によると、書類がほしいと相談があった6事業者に送ったが、そのうち1事業者から24日に「ひどい」と苦情が寄せられた。

 記入例は担当の職員1人が作成し、他の職員は確認していなかった。市は謝罪した上で、記入例を「○○ ○○」と修正したという。

 市納税課の吉田準之助課長は「『滞納』という言葉が納税者にとって重い意味を持つ表現だということに配慮が至らず、不適切だった」と述べた。谷藤裕明市長は取材に対し、「全くけしからん。どういう経緯でこうなったか厳しく確認する」と話した。

 市は住民票の記入例には「盛岡 太郎」などと記している。