[PR]

 史上初の中止が決まった今夏の全国高校総体は、そもそも開催の障害が多い大会だった。

 もともと予定されていた東京五輪の日程が重なり、選手などの宿泊先を確保できず、北関東4県と和歌山県で開催する予定を、昨年、21府県の分散開催に変更。緊急措置だったため各地の自治体に開催費用の負担を求められず、大幅な予算削減を迫られた。会場を移した19競技分の予算7億円を、仮設施設や広報活動をやめることで約1億円に圧縮。インターネットなどを通じて寄付金も募った。新型コロナウイルス対策で新たな措置を講じる余力はなく、「全会場で高校生の健康、安全、安心を約束するのは困難」との意見が早くから出ていた。

 また文部科学省の「新型コロナ…

この記事は有料会員記事です。残り737文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り737文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り737文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!