[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大で、疫病よけにまつわる言い伝えが話題になっている妖怪「アマビエ」。終息を願って描かれたイラストがシールになった。手がけたのは、ロッテの菓子のおまけシールでヒットした「ビックリマン」のデザイナー。27日からネットで販売され、売り上げは子どもたちのための活動に寄付される。

 描いたのは大阪市北区のデザイン会社「グリーンハウス」で、ビックリマンのキャラクターデザインを長く担ってきた米澤稔さん(66)。知人のイラストレーターがアマビエのイラストを次々に公開するのに気づき、軽い気持ちでラフスケッチを始めたという。

 仕事の合間を縫って1週間ほどで仕上げた「アマビエさま」を今月8日にツイッターで公開すると、かつてシール集めに熱中した30~40代が反応した。「シールにして貼りたい」という要望も多く寄せられた。

 ロッテのビックリマンチョコのおまけシールは、天使、お守り、悪魔の種類が1980年代から90年代にかけて大ブームとなった。米澤さんによると、悪魔を封じるため、お守りや天使のシールを悪魔の上から貼って「封印」するのがシールを使った遊び方だったという。

 「もしこのアマビエさまをシールにできたら、ぴったりのアイテムだ」と考えた米澤さん。ツイッターで半分遊びの気持ちで「どこかの企業さん、これをシール化しませんか?」と呼びかけると、車いす用のバリアフリー昇降機メーカー「広洋産業」(東京都豊島区)から「お役に立てないか」と声がかかった。2年前、同社のキャラクター「ラビッティ」のデザインを手がけた縁があった。

シールは27日から5月10日まで、専用サイト(rabbittyshop.thebase.in)で販売される。アマビエさまとアマビエちゃんの2枚セット(1980円)などがある。発送は5月中旬からで、購入希望者が多ければ増刷する予定

 同社社長の中村洋祐さん(43…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。