[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大で開幕が見通せないプロ野球界。練習も制限され、自宅で過ごす時間が増えたことで、料理に初めて挑む選手、もともと持つ腕前にさらに磨きをかける選手が出てきた。体が資本のスポーツ選手とあって、こだわりあり、個性あり。その腕前は?

 「昨日、カオマンガイをつくりました」。4月11日にあったオンライン取材で即答したのは、昨季、自己最多の13勝(7敗)を挙げたDeNAの左腕、今永昇太(26)だ。

拡大する写真・図版自宅からメッセージを送るDeNAの今永=球団ツイッターから

 カオマンガイはゆでたり蒸したりした鶏肉をご飯に乗せた、東南アジアの庶民料理。先輩投手の国吉佑樹(28)に栄養面の助言を受けているといい、高たんぱく・低脂肪のメニューに挑戦したという。

 できばえは? 「ハマスタ(横…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら