[PR]

 今月19日に投開票があった木古内町長選は、新型コロナウイルスの国の緊急事態宣言で北海道が特定警戒都道府県に指定されて以降、道内であった初の選挙戦だった。投票所や開票所に不特定多数の住民がやって来る中で、町選挙管理委員会はどのような対策を取ったのか。

 3月18日、町役場で町長選と町議補選の立候補予定者向けの説明会が開かれた。全国よりも早く道内で感染が拡大し、鈴木直道知事が独自の緊急事態宣言を出して警戒を強めていた時期だ。町長選では2陣営、町議補選では3陣営が出席。まだ寒い時期だったが、密閉を避けるため、会場の会議室は窓を開けっ放しにした。

 告示翌日の4月15日、期日前投票が始まった。投票所に詰める職員はマスクを着用、事前投票に来る町民には行政無線放送でマスク着用を呼びかけ、マスクのない町民が投票に来た時には町の防災備蓄の使い捨てマスクを提供した。

 投票所にはアルコール消毒液を…

この記事は有料会員記事です。残り405文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り405文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り405文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
関連ニュース