[PR]

 新型コロナウイルスによる業績悪化を理由にタクシー会社「ロイヤルリムジン」(東京都江東区)が、グループの乗務員を解雇しようとしていた問題で、労組側に「解雇撤回」を伝えていたことがわかった。

 KPU目黒自交ユニオンと自交総連・目黒自動車交通労組によると、ロイヤル社の金子健作社長は24日の団体交渉で、「解雇を撤回する」と述べたという。両労組は「社長の言うことは二転三転している」として、今後の会社側の対応を見極めたいとしている。

 目黒自交ユニオンのタクシー運転手ら81人は22日、不当に解雇を通告されたとして、地位確認などを求める仮処分を東京地裁に申し立てている。

 ロイヤル社はグループで約600人いる乗務員に解雇を伝えたり、退職合意を迫ったりしていた。(藤崎麻里、吉田貴司)