[PR]

 全国高校総体の中止決定を受けて、日本高校野球連盟の小倉好正事務局長は26日、今夏の第102回全国高校野球選手権大会(8月10日開幕、阪神甲子園球場)の開催について「地方大会を含む第102回大会の主催者である都道府県高校野球連盟、朝日新聞社、当連盟の間で慎重に協議を行っています」とし、「今後、我々が協議を重ねていく上で、全国高校体育連盟の今回の決定に至る様々な検討内容を参考にさせていただきたい」と談話を出した。

 また、中止決定までの検討内容についても「可能であれば(高体連から)提供してもらいたい」との考えを示した。

 日本高野連は5月20日、全国選手権の運営委員会を開き、開催について話し合う。感染拡大防止策を盛り込んだ大会要項を作成しており、審議する予定だ。

 高校野球(硬式)では今春の第92回選抜大会が中止となった。全国9地区と46都道府県の春季大会も開幕前に中止となり、全国で唯一実施した沖縄も準決勝以降打ち切りとなった。