[PR]

 新型コロナウイルスの感染が広がる今こそ、災害への備えを家族で考えておこう――。大阪府大阪狭山市の防災士、岡本裕紀子さん(33)がこう呼びかけている。私たちは今、何をすべきなのか。岡本さんに聞いた。

 新型コロナは終息の出口が見えません。その中で台風シーズンが近づけば風水害の恐れが増します。感染症に自然災害が重なる「複合災害」は起こり得ます。外出自粛で自宅にいる時間が増えた今こそできることに、目を向けるべきです。

 災害が起きれば、避難所が「3密(密閉・密集・密接)」になり、集団感染のリスクが高まります。避難所の運営指針を改定するなど、対策に乗り出した自治体もありますが、限界もある。いかに自分の身を守るかを考える必要があります。

 まずはハザードマップを確かめ、親戚や知人宅を避難先の選択肢に入れることを考えましょう。地震で交通が寸断されることも想定し、歩いていける範囲で選び、相手に事前に相談しておきましょう。自宅の被害が小さければ、家にとどまる在宅避難も考えられます。

 避難所しか選択肢がない場合もあるでしょうから、非常用持ち出し袋にマスクや体温計、衛生用品などを入れておきます。避難所では人と対面せずに背中合わせで座ったり、段ボールの仕切りを利用したりして、飛沫(ひまつ)感染を防ぐ工夫をしましょう。

 日常的な対策が、複合災害の減災にもつながります。家族会議を開き、災害時の対応を話し合いましょう。特に発生後の集合場所は大事です。「A小学校の東門」などと具体的に決めておきます。当日会えない場合に備え、翌日以降の集合時刻も決めましょう。家族のうち父親だけが離れた職場にいた場合などに、家族を捜しに行って犠牲になることを防げます。

 家族同士の連絡手段は携帯電話以外も考えておくべきです。公衆電話は停電に強く、災害時も通信規制を受けず使いやすい。公衆電話の場所はNTTのホームページで調べられるので、散歩した時などに確認しましょう。

 通信アプリのLINEは自分の位置情報を送れるうえ、相手がメッセージを読んだかどうかもわかり、災害時には便利です。

 非常食に慣れておくことも大切です。東日本大震災では味になじめず食べられなかった子がいました。各自の口に合うものを見つけるためにも、ぜひ在宅の時に試食してください。

 地震では倒れた家具で死傷することも少なくありません。夜中に地震が起きた場合に備え、寝室で横たわり、部屋を見渡して危険を想像してみてください。押し開ける扉の先に家具があると、地震で倒れて開かなくなるかもしれません。家にいる時間が多い今、家具の配置を変えるチャンスです。

 想定外を一つひとつ消していくことが、自分や家族の命、ひいては地域全体を守ることにつながります。(聞き手・山本逸生)

在宅の時間が長い今こそ家庭でできる10の防災対策(岡本裕紀子さんの提案)

1 ハザードマップを確認

2 家族会議を開く

3 近所を散歩して避難経路を確認

4 段ボールの確保。水害時に「水のう」を入れて玄関前に並べると室内の浸水を妨げる

5 非常持ち出し袋のチェック

6 チラシを使った簡易食器作り

7 非常食の試食

8 レトルト食品や缶詰を使った調理

9 家の整理整頓

10 家具の配置確認や収納の工夫

     ◇

 おかもと・ゆきこ 1987年、大阪府大阪狭山市生まれ。実家が営む石油会社の防災部門に所属し、「防災アドバイザー」として行政や企業、市民向けの防災研修などを開く。市防災会議の委員も務める。