[PR]

 倉敷・児島のジーンズメーカー「ジョンブル」が布マスクの製造販売を始めた。全国に知られる児島デニムを牽引(けんいん)する老舗の一つ。新型コロナウイルスの感染予防にと、普段はジーンズを手がける縫製職人らが腕を振るう。

 同社がマスクを作るのは初めて。カジュアルシャツに使う綿の布地などを使い、新入社員も含め約20人の従業員が総出で手縫いに励んでいる。今月初め、2枚1セット(2100円、税別)で直営店などで販売を始め、話題を呼んですでに5万セットを売り上げた。

 3月以降、主力のジーンズやカジュアル衣料の売り上げが落ちているという。「洋服の需要が途切れる心配がある。マスク生産は技術を落とさないためにもなる」と塚田裕介CEO(47)は話す。

 24日に倉敷市に2千枚を寄贈…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【10/13まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら