[PR]

 春の選抜大会に続き、練習の成果を発揮する貴重な場を失った最上級生や指導者ら。全国高校総体の中止の知らせを聞くと、一様に複雑な胸の内を語った。

 市立伊丹高(兵庫)なぎなた部の主将・川原佳夏(よしか)さん(3年)は学校を通じて取材に応じ、「すごく残念な気持ちでいっぱいです」。

 川原さんは昨年の全国総体に出場し、「演技」の部で16強。今年は表彰台を目指していたという。中止になった3月の選抜大会と違い、夏の全国総体には男子種目がないため、「彼らの分も力を出し切りたい」とも意気込んでいた。だが、それもかなわなくなった。

 兵庫県は、政府が7日に出した…

この記事は有料会員記事です。残り510文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り510文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り510文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!