[PR]

 衆院静岡4区の補欠選挙は26日投開票され、自民党公認で公明党が推薦した元静岡県議の深沢陽一氏(43)が初当選を決めた。新型コロナウイルスの感染拡大で、同県内にも緊急事態宣言が出る中での選挙となった。投票率は伸び悩み、34・10%で2017年の前回衆院選を下回り、現在の区割りになってから最低となった。

 補選は昨年12月に元環境相の自民・望月義夫氏が死去したことに伴うもの。自公が推す深沢氏と、立憲民主、国民民主、共産、社民の野党4党の統一候補で元東京都議の田中健氏(42)=無所属=ら3氏が争う構図となった。

 深沢氏は「後継者として政策を引き継ぐ」として望月氏の後援会などを回り、選挙戦では港湾、道路の整備、災害に強いまちづくりなどを訴えた。

 田中氏らは、新型コロナへの対応など、選挙を安倍政権への信任を問うものと位置づけて主張を繰り広げたが、及ばなかった。