フリーアナウンサーの小島一慶(こじま・いっけい、本名一慶〈かずよし〉)さんが23日午後5時55分、肺がんのため東京都内の病院で死去した。75歳だった。通夜・葬儀は近親者のみで行う。

 長崎市出身。日本大芸術学部放送学科を卒業後、68年にアナウンサーとしてTBSに入局。人気バラエティー「ぴったしカンカン」の司会やラジオパーソナリティーとして人気を博した。90年に退局し、ラジオ番組などを中心に活動した。