クック船長上陸どう評価? 文化の消滅か、繁栄と自由か

有料会員記事

シドニー=小暮哲夫
[PR]

 英国から来たジェームズ・クック船長がオーストラリアに上陸したのは、250年前、1770年の4月29日だった。もたらしたのは「文化の消滅」か、「繁栄と自由」への道筋なのか――。新型コロナウイルスの影響で記念行事は中止され、静かな節目となったが、歴史をめぐる論争は今も続く。(シドニー=小暮哲夫

「私たちには言葉も司法もあったのに」

 「低い雲か? いや、海に浮かぶ島か?」

 大きな物体が、姿を現した。それは、現在のシドニー南部ボタニー湾に入ってきた英国の帆船「エンデバー号」だった。

 4月は、湾内でボラが捕れる時期。小舟で漁をする先住民(アボリジナルピープル)がたくさんいたが、漁に夢中だった。気がついたのは、陸に残っていた人たちの方だった。

 帆船から長い舟に乗り換え、陸に近づく様子が見えた。白い肌で奇妙な物に身を包む姿は精霊のようだった――。

 シャイン・ウィリアムズさん(60)はクックらの上陸の様子を、父母からこんな風に伝え聞いてきた。湾の近くに住んでいた先住民集団、グウィーガルの子孫だ。

 先住民の男たちが石を投げた…

この記事は有料会員記事です。残り2430文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら