[PR]

 全国に27のホテルを運営するWBFホテル&リゾーツ(大阪市)が27日、大阪地裁に民事再生法の適用を申請し、監督命令を受けた。負債総額は約157億円。東京商工リサーチによると、新型コロナウイルス関連では現時点で最も高額の倒産案件という。

 WBFホテル&リゾーツは、旅行会社ホワイト・ベアーファミリーのグループ会社で、大阪や京都など関西を中心に全国でホテルを展開。近年の訪日客の需要を取り込み事業を拡大させ、2019年3月期の売上高は47億円を計上していた。

 しかし、今年に入って新型コロナウイルスの感染拡大による世界的な出入国制限や国内の外出自粛で、2月以降は宿泊客のキャンセルが相次ぎ、資金が回らなくなった。

 事態の収束の見通しも立たないことから、事業を支えきれないと判断して民事再生法の適用を申請した。すでに複数の企業が再建を支援する意向を示しているという。他のグループ企業は営業を続ける。

 大阪府泉佐野市の関西空港対岸の「りんくうタウン」では大型施設を建築中で、WBFのホテルが入る計画が公表されている。同市成長戦略室の担当者は「突然のニュースで驚きを隠せない。秋にオープン予定で、今後のにぎわいづくりに貢献してくれると期待していただけに、とても残念に思う。今後は情報収集の上で、成り行きを見守るしかない」と話した。(金本有加、川田惇史)