うっかり生まれた柿の種 「ピー」との出会いはバー?

有料会員記事

伊丹和弘
[PR]

 誰もが知る米菓「柿の種」は米どころ新潟で生まれた。切っても切れないピーナツとの名コンビは、日本を代表するあの有名ホテルが発祥との説もある。いまや、料理の食材としても用いられる柿の種の歴史をたどった。

 帝国ホテル東京のメインバー「オールドインペリアルバー」。ビールに続き、すっと出てきたのは「柿ピー」だった。チーフバーテンダーの鏡誠良さん(57)は「お通しです。柿の種に最初にピーナツを入れたのはこのバーの前身だったと言われています」。

 敗戦後、GHQが帝国ホテル…

この記事は有料会員記事です。残り1564文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら