[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、JR東日本は東北・北海道、上越、北陸、秋田、山形の各新幹線の5月28日以降の指定席販売を当面見合わせる。利用客が減り、一部で運休の可能性があるためとしている。

 新幹線以外に、中央線と常磐線の在来線特急「あずさ」「かいじ」「富士回遊」「ひたち」「ときわ」の指定席も販売を見合わせる。新たな運転計画は5月中旬に確定する予定という。

 JR東は新幹線の臨時列車について5月分の運休を決めており、6月分の指定席の販売を見合わせている。定期列車の減便の可能性に具体的に言及したのは初めて。(一條優太)