[PR]

 神戸市の久元喜造市長は27日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた市立学校園の休校・休園を、5月31日まで延長するよう長田淳教育長に要請した。

 久元市長は文書で、緊急事態宣言以降も市内で一定数の感染者が発生し続けていることや、医療機関で感染者が継続的に発生していることを指摘。「感染拡大を食い止めるために、引き続き、外出自粛の取り組みを徹底する必要がある」として、5月6日までの予定だった休校・休園の延長を求めた。