「冗談だろ」三木谷氏激怒 楽天ケータイその理想と現実

有料記事

井上亮
[PR]

経済インサイド

 2月29日、東京・二子玉川の楽天本社。携帯電話事業への本格参入を前に、三木谷浩史会長兼社長ら幹部が集まっていた。大手3社に次ぐ新たな携帯電話会社として料金面でどうアピールするか。料金プランを発表する3日前のこの日も議論は続いていた。焦点は採算性の確保だった。

 三木谷氏が出した答えは、「自社で通信網を整備する大都市などではデータ通信無制限、それ以外は上限を月2ギガバイト」にという地域分割の料金体系だった。複数の楽天関係者によると、大手の半額以下となる「月2980円で無制限」プランの導入の方向性は早期に固まった。三木谷氏はかねて「他社がまねできない料金体系」「できるだけシンプルに」と強調していた。

 日々の経済・ビジネスニュースで伝え切れない内幕や背景を、「経済インサイド」として毎週配信しています。

去った「立役者」

 だが全国一律での「無制限」は難題だ。自前の基地局のエリア以外はKDDI(au)に通信網を借りる。全国で利用者が無制限にデータを使えばauへの利用料支払いが増え、大赤字になりかねない。その結果が、地域分割の料金体系だった。

 安さと採算性のバランスにつ…

この記事は有料記事です。残り2370文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!