[PR]

 動静報道が途絶えている北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長について、朝鮮中央通信は27日、正恩氏が東部・元山の勤労者に感謝を送ったと報じた。米国の北朝鮮分析サイト「38ノース」も、正恩氏専用とみられる列車が元山に停車しているとする衛星写真を公開。ただ、健康状態などは依然として不明のままで、韓国政府などが情報収集を続けている。(ソウル=神谷毅)

 正恩氏の動静が注目されているのは、15日にあった故金日成(キムイルソン)主席の生誕記念日「太陽節」の参拝が伝えられなかったことがきっかけだ。北朝鮮では最重要の記念日で、正恩氏も毎年、式典に参加していた。

 日米韓などの情報当局が分析に乗り出すなか、北朝鮮情報を専門に扱う韓国のネット新聞が20日、「心血管系の手術を受け、療養中」と報道。米CNNも21日、「重大な危険に陥っているとの情報がある」と伝えた。

北朝鮮メディア沈黙、カギは談話

 これまでのところ、北朝鮮メデ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら