[PR]

 東京都杉並区の自宅で妻(81)を刺殺したとして今月、無職の小島一路(いちろ)容疑者(82)が殺人容疑で逮捕された。「死ぬときも一緒だよ」。冗談交じりに交わした「約束」を胸に、衰弱していく妻の世話を続けていたという。小島容疑者は警視庁の調べに「疲れ果て、将来を悲観した」と供述。「自分は死ねなかった」と話しているという。

 7日午後。埼玉県内に住む50代の長女のもとに、小島容疑者から思い詰めた声で電話があった。「母さんが死んだ。俺も後を追う」

 捜査関係者などによると、警察官らが駆けつけると、小島容疑者が玄関に姿を見せた。1階居間のベッドで妻の展子(ひろこ)さんが横たわり、血の付いた包丁が2本、ベッド脇のテーブルと台所にあった。この2時間近く前の正午ごろ、小島容疑者はベッドで就寝中の展子さんの胸と腹を包丁で刺し、殺害した疑いがある。

 夫婦の自宅は閑静な住宅街の一角にある。2人で食事に出かけたり、手をつないで散歩をしたりする姿が近所の人によく見かけられていた。展子さんはおしゃれ好きでいつも髪をきれいに整え、フラダンス教室にも通っていたという。

 2~3年ほど前、展子さんは認知症を発症し、デイサービスの施設に通い始めた。昨年秋ごろからは小島容疑者にしがみつくようにして歩くようになり、車いすを手放せなくなった。

募る後悔

 体はやせ細り、施設の職員に話…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら