京王電鉄の30代駅員が感染 日野・百草園駅で窓口業務

新型コロナウイルス

一條優太
[PR]

 京王電鉄は27日、百草園(もぐさえん)駅(東京都日野市)の30代の男性駅員が新型コロナウイルスに感染したと発表した。同社社員の感染は初めてという。

 同社によると、男性駅員は23日まで同駅の窓口やホームで働いていた。同居する家族がPCR検査を受けたため、24日以降の出勤を見合わせ、自身も検査を受けたところ、26日に陽性と分かった。発熱などの症状はなかったという。

 男性駅員がマスクをつけて乗客に対応していたことなどから、乗客に濃厚接触者はいないと保健所が判断したという。

 ほかに熱などの症状を訴えている従業員はいないが、同駅で勤務していた1人が濃厚接触者と判定され、自宅待機となった。駅の駅事務室やエスカレーターのベルトなどは消毒した。(一條優太)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]