[PR]

 デマを流されたら、どうすればいいのか。新型コロナウイルスの「感染者」というデマの被害者となった長野県松本市の住宅建設会社「小林創建」の小林稔政社長(46)が「インフォデミック」との闘いを振り返る。

 「松本保健所管内の会社役員の60代男性」。長野県が県内初の感染を発表したのは2月25日。その翌26日にはデマが流れ始めた。会社の取引先から、「感染者の会社は小林創建」と友人に言われた、と伝えられた。

 「なぜだ?」

 27日には弁護士に相談したが、「騒ぎ立てて逆に炎上するのは避けたい」として様子を見ることにした。

率先し打ち消し、変わった風向き

 だが、デマの拡散は止まらなか…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【10/13まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら