[PR]

 高熱が出て新型コロナウイルス感染の不安を持つ住民らに、検査が必要かどうかを判断する「発熱外来」を、岩手県一関市などが開設する。早ければ大型連休中にも開設したいとして調整を進めている。

 勝部修市長が27日、明らかにした。県内の自治体では初めてという。地元の病院にコロナに感染しているかどうかの相談が多く、一関市医師会と一関保健所、市、同じ両磐(りょうばん)医療圏の平泉町が協議してきた。

 発熱外来は同市内に1カ所設け、体温測定や問診、必要に応じてPCR検査のための検体採取を行う。検体は盛岡市にある検査機関に送り、陽性者には保健所が対応する。医師や看護師の態勢づくりと防護服の確保、機器類、感染を防ぐ設備など環境を整備する。当面は一関市民と平泉町民が対象で有料。予約制とし、「ドライブスルー方式」も検討している。勝部市長は「発熱して感染不安を持つ人が一般病院に行かないよう仕分けして、医療現場の混乱を防ぐ」と話した。(泉賢司)