[PR]

 新型コロナウイルスに感染しているかどうかを調べる「抗原検査」について、加藤勝信・厚生労働相は27日、国内の1社から検査キットの薬事承認の申請があったことを明らかにした。短時間で簡単にできることから、現在のPCR検査とともに診断に使うことができれば、検査件数を増やせる可能性がある。

 抗原検査はウイルスを形づくるたんぱく質を直接検出する方法。鼻やのどの奥をぬぐってウイルスを含む粘液を採取する。その場で検査し、すぐに結果が出るためインフルエンザウイルスの検査などに使われている。厚労省によると、申請した企業は「富士レビオ」。優先的に審査し、承認するかどうかを決めるという。

 現在、新型コロナウイルスの感染の診断に使われているPCR検査はウイルスの遺伝物質を増やし検出する。結果が出るまでに数時間以上かかるうえ、専用の機器が必要となる。

 抗原検査を診断に使えれば検査する場所や検査件数を増やせる。ただ、診断に使うには検査の精度が重要になる。厚労省の担当者は「PCR検査の代わりになることも想定されるが、いまの段階では評価ができていない」と話す。(富田洸平)